ホーム > 技術力 > パンチ・レザー加工技術
パンチング加工とレーザー加工の両方を兼ね備えた「TC6000L TOWER MASUTER」パンチ・成型・タップ加工・レーザー加工を1台で可能に
パンチ・レザー 加工技術のイメージ
パンチ・レザー 加工技術のイメージ

「TC6000L」は金型でのパンチング加工とレーザー加工の双方の機能を備えたマシンです。従来、パンチング加工とレーザー加工は別々のマシンで行う加工を一工程として行えるようになったのがこの「TC6000L」です。

パンチング加工とレーザー加工が一工程で行えるメリットは、穴数が多い、異形状穴がある、そしてブランクの形状が複雑であるといった製品の加工時に生じる様々な加工上の問題をほとんどクリアできることに価値があります。従来は穴数が多ければタレパンで加工せざるを得ず、「金型のセッティング」や「外形のCAD上での型割付」に多くの時間をとられていました。時間がかかる=コスト増につながってしまい、製品を安価で製造するのには困難がありました。しかしながら、このパンチ・レーザー複合機「TC6000L 」を使用することでこのようなお客様のより高度な加工への希望を「TC6000L」は高い品質と効率で製品を実現します。製品形状、加工内容を問わずタレパン、レーザー双方の利点を生かして加工が出来るのです。

「TC6000L TOWER MASTER」について

パンチ・レーザー複合加工のメリット

パンチ・レーザー加工の実例

  • 筐体製造・試作板金 case manufacturing
  • 薄板加工技術 lamina processing
  • 生産管理システム Production management system
  • 3DCADシステム 3DCAD system
高精密で高品質な製品 長瀬工業にて製作させていただいた筐体・試作板金の実績です。 長瀬の技術と精工な製品の実績をご覧下さい。  長瀬工業では皆様の夢を形にします。
充実した設備 長瀬工業の設備の一部をご紹介します。 神奈川県では数少ないレーザー&パンチ複合機も所有しております。 皆様の夢をこの設備と人で形にします。
▲ページの上部へ戻る